大学生アスリートのための「7つの習慣」

「7つの習慣」の考え方は、強い個人やチームワークを必要とするスポーツの分野においても応用することができます。依存状態から自立、また相互依存にいたる自己リーダーシップスキルを体系的に学習することによって、特にアスリートとしての効果性を身につけるきっかけとなるコースです。

■受講対象者

次のような課題をお持ちの学生競技者の方にご参加いただけます。

  • リーダーシップを発揮できる競技者になることで、強い個人、チームを作りたい
  • メンタル向上によって、国内はもとより、国際大会でも結果を出せる競技者になりたい
  • 競技生活とプライベートのバランスをとりたい
  • 人間関係を潤滑にしていくための考え方やスキルを会得したい

■特徴

「7つの習慣」を基軸に新たな観点から捉えたセミナーです。

  • 自分自身をマネジメントする習慣を身につけることで、メンバーに信頼されるリーダーを育成することができます。
  • 学業とのバランスをとり、自分自身が望む結果を得るためにどう行動すべきかを考えることができます。
  • 個人やチームの目標を達成するための、日々のタイムマネジメントについて学び、競技生活や学業において活用することができます。
  • セミナー参加後、「7つの習慣 演習ノート」を活用することによって、競技生活や学業での継続的な応用が可能です。
  • 体験参加型ワークショップ形式で行われ、ゲームやディスカッションを体験することで参加者同士のコミュニケーションを図りながら学びを深めることができます。

※大学の方針やお考えを踏まえて、内容に合う事例や言葉を用いカスタマイズすることが可能です。
※基本は8時間の1日セミナーですが、授業時間枠によって変更が可能です。
※学内研修(インハウス)のみのご提供です。公開コースの開催はございません。

■受講者の声

  • これからチームの中心、上級生になっていく中で、日々を充実させるためにパラダイムにとらわれないで色々な意見を聞いて、最善を尽くしたいです。
  • リーダー的立場として主体性の発揮は必要不可欠だと思います。感情をコントロールして、チームを一番良い方向に導けるようになりたいです。
  • 主体的なモデルで今後チームメイトと関わり、信頼残高の貯蓄をしていきたいです。
  • 自分の競技に対する考え方をもっと深くし、更にもっと生活の内部まで浸透させたいと感じました。
  • 自分の苦手なところを克服していきたいです。また、どうすれば克服できるかなと考えながら練習に取り組みたいです。
  • 部内における肉体・知性・情緒・精神を総合的に見極めて、より良いチーム作りに活かしたいです。
  • このセミナーを機に、他人・部のみんなから「変わったね」「一周り大きくなった」と言ってもらえるように頑張りたいです。
  • 今日学んだことをチームに持ち帰り、みんなに伝えて実践していきたいです。
  • 楽しみながら、将来に活かしていけるものを得ることができました。
  • 主体的に考え、態度を改めたり、相乗効果が表れるような取組みをしていきたいと思います。
  • 相手を理解できるように能動的に「聴く」ということをしていきたいと思います。
  • 部の運営をより円滑にすることに活かしていきたいです。

[筑波大学・体育学群様]

国内はもちろん、世界でも活躍が期待されるトップアスリートの精神的な強さを支える土台の考え方として、「7つの習慣」を導入いただいています。

筑波大学・体育学群様 問い合わせ